自分のタイプを知る

医者

薄毛というと男性の印象がありますが、女性で薄毛に悩んでいる人も少なくありません。薄毛を改善したいなら、まず原因を知ることが大切です。女性の薄毛の原因となるのは、加齢、栄養不足、ホルモンバランス、普段のケア、ストレスなどです。1つが原因になっていることもありますし、複数の原因が引き起こしていることもあります。女性は髪の命、というように重要な部分ですから、薄毛が進行しないためにも、早めに改善、予防をした方が良いです。同じ薄毛でも、女性と男性では原因が異なります。男性の場合は、男性ホルモンが増加することで、薄くなったり、抜けたりすることがほとんどです。しかし、女性の場合は、男性ホルモンではなく、様々な原因があります。また、薄毛のタイプも多く、頭頂部の地肌が薄かったり、分け目だけが薄かったりする人もいます。

間違ったヘアケアが原因で、女性の薄毛を引き起こすこともあります。ヘアケアとして、ほとんどの人が行っているシャンプーですが、シャンプーの洗浄力が強すぎたり、何回もシャンプーを使って洗ったりしてしまうと、ひこう性脱毛症になってしまいます。ひこう性脱毛症とは、頭頂部が薄いタイプの薄毛で、乾燥したフケがでるのが特徴的です。フケが多く出るため、毛穴を塞いでしまい、上手に老廃物を排出できずに頭皮が炎症を起こしてしまうのです。改善するためには、正しい方法でケアをする、頭皮の乾燥を防ぐことが大切です。分け目が薄いタイプの薄毛は、牽引性脱毛症と言います。牽引性脱毛症の原因は、長時間同じ分け目の状態を維持しているため、頭皮に負担がかかってしまい、血行が悪くなって栄養不足となり薄毛になるのです。また、紫外線によるダメージによって、薄毛になることもあります。このように人によって原因は異なるので、自分の薄毛のタイプを知って、改善していくことが重要になります。